2013年12月アーカイブ

あれが初恋だったのだと思います。

私が初めて告白したのは七歳でした。

ilm08_aa03003-s.jpg

彼は同じ学校のクラスメートでした。
当時の友人も彼のことを好きだと宣言していてよく取り合っていたのを覚えています。

肝心な好きになった理由はあまり覚えていません。
ただ彼はとてもモテていたので単純に格好良かったのでしょう。

秋くらいに席が隣になって授業中はいつもおしゃべりしていました。

あの頃は深く考えることもなく普通の会話の中で好きなんだと相手に伝えてしまいました。
彼の机にあいあい傘を書いたりして、今では信じられないくらいに積極的でした。

当然彼からの返事はなく、私も付き合うとかそういう知識はなかったのでただ気持ちを伝えるだけで満足していました。

しかし、私はその数か月後に転校をしてしましました。

転校した後、前の学校の友達から彼が凄く寂しがっていると伝え聞きました。
直接は言ってくれなかったけれど、ちゃんと私のことを好きでいてくれたみたいでした。

彼と高校生の時に再会しました。
高校生の彼はやっぱり格好良かったです。

小学一年生の恋なんて恋とjは言えないかもしれない。
けれど私は確かに彼のことが好きだったのです。

初恋の男の子がちゃんと格好良い青年になっていた。
それってすごく喜ばしいことかなと今は思います。

このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。