職場の年下男子に初めての告白

学生の頃からずっと年上の人が好きで、付き合った人も全て年上でした。

末っ子だったからか、年下の男性には全く興味がなく、ちょっと良いなと思っても、年齢が自分より下だと、その時点で恋愛対象からは外していました。

でも、2年程前に、職場に中途採用で入社してきた年下男子の事が、ある日から気になるようになりました。

いつも期限に追われているような部署だったので、結構ピリピリした雰囲気が定着していた職場だったのですが、その人はいつもニコニコしていてどんなに忙しくてもマイナス思考な発言は絶対にしないような人でした。

今までの職場の男性とは全くタイプが違ったので、物珍しさからか少し興味を持つようになりました。

ilm08_aa07008-s_R_R.jpg特に何がきっかけという訳ではありませんが、気付いた時には「好き」という感情が自分の中に芽生えていました。

今まで年下の人を好きになった事もないし、相手は私の事を職場の先輩という風にしか見ていなかったので、どうしたら良いか分からず、久しぶりに学生の頃のような片思いを半年くらい続けていました。

元々その人は、別の部署の中途として採用されていて、研修の間私がいる部署に来ている人だったので、研修後本来の部署に異動になる時が来ました。

部署が変わればオフィスの階も変わるので、今までのように会える機会も減ると思い、色々悩んだ結果、その人の送別会の日に告白しようと決めました。

今まで一度も自分から告白した事がないのに、告白したいと初めて思った事に自分でもかなり驚きました。

でも、結局何て伝えたら良いのか分からず、何も言えないまま送別会が終わってしまいました。

家に帰って、告白できなかった事にかなり後悔して、お酒の勢いも借りて、メールで告白しました。

結果としては、職場の良い先輩としてしか見られないという事で、振られてしまいました。

今でもごくたまに会社で見かける度にちょっと切なくもなりますが、初めて自分から告白したいと思った人に出会えた事はとても良かったと思うし、

告白した事は後悔していません。

もっと素適な出会いを探そうと結婚相談所比較を一生懸命しています。

また、後悔をしないような素適な出会いがあれば嬉しいです♪

婚活中のあなたに質問です。

あなたは結婚したら夫婦一緒に一つのベットで寝ますか?

おそらく大半の人が「一緒に寝たい」と答えたのではないでしょうか。

好きな人とはなるべく一緒にいたいから・・・と、思うのは当然のことです。

しかし現実的にはそうじゃないみたいです。

結婚生活も長くなってくると、別々になる夫婦が増えてくるのです。

理由としては、
・いびきがうるさくて眠れない
・寝相が悪くて眠れない
・寝る時間や起きる時間が違うので、ゆっくり眠りたいから
など、現実的な悩みが一緒に寝ることを許さないようです。

中には、
・少しでも離れていたいから
・クサイから
など、相手のことを毛嫌いしている理由もあるから驚きです。

今回はベットのことで夫婦の距離感を考えましたが、これは日常の夫婦生活の中にも当てはまることが沢山あるのです。

結婚する前の婚活中の人には信じられないかもしれませんが、これが夫婦生活の現実だと思っても間違いありません。

それでも幸せな夫婦は沢山いるので、婚活中のあなたもテンションを下げなくても大丈夫ですよ!

結婚する前から一人で寝るという女性は、結婚できない女性の特徴かもしれませんよ。

あれが初恋だったのだと思います。

私が初めて告白したのは七歳でした。

ilm08_aa03003-s.jpg

彼は同じ学校のクラスメートでした。
当時の友人も彼のことを好きだと宣言していてよく取り合っていたのを覚えています。

肝心な好きになった理由はあまり覚えていません。
ただ彼はとてもモテていたので単純に格好良かったのでしょう。

秋くらいに席が隣になって授業中はいつもおしゃべりしていました。

あの頃は深く考えることもなく普通の会話の中で好きなんだと相手に伝えてしまいました。
彼の机にあいあい傘を書いたりして、今では信じられないくらいに積極的でした。

当然彼からの返事はなく、私も付き合うとかそういう知識はなかったのでただ気持ちを伝えるだけで満足していました。

しかし、私はその数か月後に転校をしてしましました。

転校した後、前の学校の友達から彼が凄く寂しがっていると伝え聞きました。
直接は言ってくれなかったけれど、ちゃんと私のことを好きでいてくれたみたいでした。

彼と高校生の時に再会しました。
高校生の彼はやっぱり格好良かったです。

小学一年生の恋なんて恋とjは言えないかもしれない。
けれど私は確かに彼のことが好きだったのです。

初恋の男の子がちゃんと格好良い青年になっていた。
それってすごく喜ばしいことかなと今は思います。

私の初めての告白について

それは私が中学2年生の時で、相手は同じクラスの男の子でした。

当時彼は長身でイケメン、さらにバスケットボール部のエースでそれはもう女の子にモテモテでした。

そして私もすっかりそんな素敵な彼に夢中でした。しかし倍率の高い彼に告白する勇気が出ず、

半年間くらいはずっと何も行動できずにいました。

しかしある日隣のクラスの女の子がその彼に告白したという情報が入って来たのです。

私はこのままじゃその子に彼をとられちゃう!と、とても焦ったのを今でも覚えています。

そしてそれがきっかけで私は彼に自分も告白しようと決心したのです。

til109-s.jpg

そしてベタですが友達に頼んで放課後の教室に彼を呼び出してもらいました。

しかしいざ彼と二人きりになると、緊張で全く言葉が出てきませんでした。

おそらく20分くらいは何も言えずにおどおどしてしまって、彼も困惑していたように思います。

しかしどうにか頑張って自分の気持ちを紙に書いてかれに渡す事に成功。

彼はそれを見てなんとOKの返事をくれたのです。

隣のクラスの子にはまだ返事をしていなかったとの事。

当時は気持ちが舞い上がっていて気づきませんでしたが、これって略奪愛ですよね・・・。

幼いながらなんともませた初告白でした。

私は高校1年の時に1歳上の同じ部活の陸上部の先輩のことが好きになってしまいました。


ilm12_aa03003-s.jpg

藤井フミヤ似で、カッコ良かったからです。

部活でわからないことを質問しても、先輩はいつも親切で優しかったです。
そんな所にじょじょに惹かれていきました。

告白したのは夏休み直前です。4月に知り合って7月に告白しました。
告白する時はドキドキしました。
どうしても直接面と向かって好きとは言えそうもなかったので、手紙での告白をしました。
ラブレターを書いたのはこの時が生まれて初めての経験でした。

ラブレターは学校の靴箱に入れました。
ラブレターを入れてから返事を貰うまでは本当にドッキドキでした(笑)

夏休み前日だったので、しばらくの間は返事もわからずドキドキ感が続くものだと思っていました。
しかしその日の夜に、なんと家に先輩から電話が来たのです。
私のドキドキ感はピークに達してしまいました。

先輩に電話番号を教えたことはありません。どこでどうやって調べたんだろう?なんて思いました。
電話はたぶん告白の返事のことだろうとピンときました。
私は恥かしいのと、先輩から電話が来て嬉しいのとで、かなり舞い上がっていました。

とっても照れながら電話口で話していたと思います。その時の先輩の一言が今でも忘れられません。
それは、俺もずっと好きだった・・・という言葉です。
私は嬉しくて嬉しくて泣いてしまいました。それから半年間楽しいお付き合いをしました。

しかし結局別れてしまいました。今では懐かしい思い出です。